2010年11月03日

銘木屋さん

大変ご無沙汰いたしました。

 

このところ工場へ行ったり銘木屋へ行ったり。住宅の現場が仕上げに近づいたのでいろいろと見る物が有りました。

とにかく木が大好きな施主で銘木屋へ3度ご一緒しました。今回は茨城の欅専門店。欅しか有りません。高い物は一千万を超える物からただでくれるような廃材まで欅づくしです。銘木屋で木を選んでなどはやはり道楽の部類で良い物をみたらついそっちが良くなります。床柱で杉の磨き丸太を見て「じゃあこの辺りで」と選び終わった後、「ついでだからそちらも見ましょう」と場所を移動したらそこには天然物の高級材。「天然物は...」から始まって銘木屋の主人の名調子が終わる頃にはすっかりこちらも教育されて目は戻りません。数万円で決めてた物をさっさとキャンセルして30万くらいのものをポンと決めます。「この桧のひょうたん絞りという柱が家にあるとお金持ちになるんですよ。うちにも玄関入ったところに一本入れました。」と言えば私でも欲しくなる。とても変える値段じゃありませんが。今回はそれをリビングに。和室は施主好みの銘木が揃った良い部屋になるでしょう。

 

 R0011858.JPG  R0011861.JPG

posted by おやじ at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック