2011年12月18日

とんかつの旅

最後に行ってから15年は経ったであろうか。
店内は確かにこんな感じであったが記憶より空気は柔らかくなった様に思える。
椿(ロースカツ)となめこ汁、ご飯を注文して揚がるのを待つ。
カツの皿から運ばれ味噌汁とご飯が置かれると気持ちを抑えキャベツから手を付けた。しっとりとしてうまい。
肝心のカツは余熱も考慮されているのか揚がりが絶妙で薄っすら肉汁を湛える。衣もサクッとしているが固すぎない為口の中で刺さることもない。そして厚すぎない。何よりすごいのは最後まで衣が肉から離れず一体となったまま食す事ができるのだ。
以前来た時以上に思うのは歳のせいだろうか。旨い。
これで十分であるが、上手い天ぷらの様に、食べ終えた後、トンカツを食べた感じが無くなるほどで有れば素晴らしいが未だそのようなトンカツには出逢えない。

とんかつ椿.jpg
Mickyへ
成城駅から徒歩7分くらいです。
http://tsubaki.web.infoseek.co.jp/
とんかつ椿
posted by おやじ at 21:48| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
衣が離れないってのはすごいかも。
どこにあるの?
Posted by Micky at 2011年12月19日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック