2015年09月11日

BENEDICTINE

 味のある鶏肉を食べたくなると渋谷の鳥福へ寄らしてもらうんです。

焼き鳥にはビールだなぁ。こちらは瓶ビールに錫のタンブラー。喉が渇いてますからタンブラーでは注いでも注いでも満たされません。三杯目くらいになりますと最初に頼んだ合鴨と色丸が焼き上がる。ここからは喉の渇きは忘れます。色丸は歯ごたえが良い。もちろん味もしっかり。食べ終わって皿を見ると鳥の脂が良い感じでにじむ。合鴨も良いです。この後は比内地鶏、みちを頼んでもう一度色丸。一つ一つが大きいのでもうこのくらい食べたらお腹いっぱい。ビールも二本飲み干して、鳥のスープで閉めたらお勘定です。


 ちょっとアルコールで勢いがついてますからこうなると帰れません。


 南青山のBAR JADAへ。

 ここにはいろんな楽しみがあります。先ずは今のこのふわーっと良い気分を象徴するようなSPRINGBANKから始めました。とても飲みやすいシングルモルトで好みのウイスキー。十分味わったところで次をボトルの棚から探します。お酒を選ぶ楽しみはもちろん、お酒との新しい出会いもストーリーになります。

 SPRINGBANKのボトルが空いたら後ろに知らないボトルが。「あれは何でしょう」「あちらは27種のハーブを使ったリキュールです」と言ってそのボトルともう一つ箱に入ったお酒を。どうやら当たりのようです。


BENEDICTINE2.JPG

 箱を開けると口が二つ。ん!?おかしい。なんと!こんなボトルがあるというかあったんです。今はもうデッドストックでしか飲むことのできないOld Bottle。片方はBENEDICTINE、もう片方はそれをカクテルにしたB&B。


BENEDICTINE1.jpg

ちょっとずつ今と昔を飲み比べ、最後の一杯は今のBENEDICTINE DOMを使ってB&Bを作って頂きまた飲み比べ。時を超えた楽しい時間となりました。ちなみに今と昔のものはまるっきり味が違います。手作りが熟成されたという感じでとろっとして厚みあり味わい深い。なんだかいい人に会ったような。そしてこの方おしゃれでもありました。


BENEDICTINE3.JPG
ラベル:BAR JADA 鳥福
posted by おやじ at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。