2015年11月09日

rabi登場

 朝の早い飛行機で、旭川に着いたのは予定通り8:20。予報は雨。まだなんとか曇り空が踏ん張って思ったよりも寒くはありません。それでもダウンは着たほうが良さそうです。

綺麗に刈り込まれた農地を分けるアップダウンの一本道をゆっくり走り目指すウッドワークへ向かいます。


写真 2.JPG

 ウッドワークは今年20周年を迎えた特注を得意とする家具屋さん。

独立してからずっとお世話になっております。


 旭川は今、日本の家具作りでトップと言ってよく、特に無垢材の扱いが上手いのが特徴。

以前は既製品を扱う工場が数多く存在しましたが、既製品の売れない今、その様な工場も特注家具にシフトしたりたたんだり。特注はなかなか同じ物を作りませんから1回1回が勝負。作り方を工夫し技術の全てを注ぎ込みます。そんな理由からでしょうか残念ながら既製品工場は特注工場に及ばないところがあります。

 なぜだか家具の設計を多く頼まれる私の事務所は、いろいろな工場とお付き合いおしましたが腕の良いと言われる特注専門の家具工場の中でもウッドワークがピカイチ。

特に作りは丁寧で、端々の手触りは頬ずりしたくなるほど。工場もみんなの雰囲気が良く仕上がりにも穏やかな感じが宿ります。塗装は外注ですが自社に塗装場を設け上手な職人を確保し徹底した管理の下一つの流れの中で行っております。ほとんどの工場が塗装屋さんの工場に持って行って任せ切りに塗って貰うことが多い中、実はなかなか無いことなのです。そして良い塗装屋を確保することも難しい。工場に設けられた最後から二つ目の部屋は塗装から上がってきた家具を検品しながら丁寧にくみ上げる最終工程の部屋です。静かにゆっくりと確認しながらできていく最後の工程はまさに生み出される感じ。そして最後の部屋から全国各地に出荷されていきます。梱包も丁寧です。


 今回は特注家具の検品ではありません。

長年温めてきた、というか6年前試作まで終えたのに何となく気に入らなくそのままになっていた既製品となる子ども椅子の打合せ。ようやく商品ができました。9月に改良を加えた試作を確認し今回は更に手を入れた完成品です。


 実は2005年にある数物を得意とする家具屋さんから既製品の依頼を受けました。その時思いついたのが子どもの椅子です。子どもの椅子はデザインを優先するためかなかなか座り心地のいい本物に出会いません。ならばと言う思いがありました。

 その家具屋さんはあまり細かいことができないので簡単に作れるようにベニヤを使うことからデザインを始めました。ただし、座り心地に妥協をすることはできません。座面は削り出し、背中にも曲線を用いるなど最低限のことは盛り込みます。すると、試作品ができたとき、社長から「ウチじゃ無理だ」と。その時の試作は壊れてしまいましたが今でも有ります。下の子が使っていたのが懐かしいです。


 なかなかよくできていたので何時か既製品にと思っていました。ウッドワークの会長とはなぜか馬が合います。私と正反対な真面目な性格で決して上手いことはいいません。特注専門で走り続けて来たので同社の既製品は思い当たりませんでした。こんなに良い会社、良い既製品を持ってもらい、もっとよくしたい。おこがましいですがそんな気持ちでした。

会長(当時は社長)に話をしたら、子どもの家具は以前からやってみたかったと思いを伺いました。

2009年子どものための家具のスタートです。


 6年前に作った3脚の試作はその前の考え方を受け継いでおりましたので合板を切り抜いたものでした。

合板ゆえの重さと手触り、後ろ足が無駄に長いようなところがしっくりきませんでした。邪魔になりますからできるだけコンパクトが良いんです。そして椅子の重いのはダメだと思ってます。

 6年前の試作3脚は、子どもたちに愛され使われています。ウッドワークの会長のお孫さんたちにも使われております。結果的にはこの暖めてきた6年間で十分に使い勝手の検証ができました。とても気に入られてあのままでいいのではと言うお話しも何度も有りましたが、今回無理を押して全面改良をお願いしました。

 奥行きを5センチ縮め、素材を合板からサクラの無垢材に変更1.5キロほど軽くなりました。細かく面を取り手触りも上々。ベルトを考えおよそ納得のいくものに仕上がったと思います。

手直しというか生まれ変わった子ども椅子rabi(ラビ=横から見ると何となくウサギみたいだったので)に触れると「あれでも十分良かったけれど、更にその上があったんだ。」(社長談)と納得していただけました。

 子どもの椅子から始まったこの企画は第一弾として学習机、ランドセル収納と3点セットで動き出し今後更にアイテムを増やしていきます。

 今後ともどうぞ宜しく。


IMG_8752.jpg


ウッドワーク 子どものための家具

http://www.woodwork-kagu.com

posted by おやじ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック