2011年07月17日

写真撮影

ご供養家具の撮影で江戸川区スタジオへ行って来ました。家具を持ち込んでカメラマンにお願いする事は滅多に有りませんがなぜか今週は2回も。
21日に待ちに待った すし処まさ さんのカウンター椅子を撮影します。搬入は22日。

木村スタジオ.JPG

木村写真事務所 03-6689-4638
posted by おやじ at 19:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

被災地を巡る

東日本大震災
Photo by Motohashi

 この土日は地盤会社に勤め幼なじみでもある友人のMと東日本大震災の被災地である岩手、宮城を見て回りました。

 私自身なにもできないので今まで行くことなど考えていませんでしたが、建築に携わるものとして見ておくべきだという彼の言葉に背中を押され覚悟をもって行ってまいりました。

 車で東北道を上り一関から一般道で気仙沼へ。
海に近づき地盤レベルの低いところへさしかかると風景は一変し、更地のようになったところに転々と壊れかけた建物があり、片付け途中のがれきが積まれております。車から降りると鼻を突く強い異臭と大量のハエに異常を感じます。
 津波がこれほどまでにと思いますが、このあと陸前高田、南三陸町と廻るとその被害があまりに広範囲にわたっていることにかぐぜんとします。

陸前高田1

陸前高田では海沿いの建物がほとんど流されておりました。

陸前高田2

がれきの整理は場所によってかなり進んでおりますが、
撤去に至るまでにはまだまだ時間が掛かりそうです。

陸前高田3

鉄道のレールが途中から無くなっております。


 この日の最後は石巻専修大学キャンパス内にある災害ボランティアセンターを尋ねました。
ここではボランティア活動に来られた方々がテントで野宿をする場所を提供しボランティアとしてどこへ何をしに行くのかを斡旋しております。この日も朝1000人ほどが来られたようです。友人のMは社内の有志を募り活動をしたいと考えているようで係の方から説明を受けておりました。ボランティアの方々の丁寧な対応には頭が下がります。

専修大学石巻ボランティアセンター2

専修大学石巻ボランティアセンター1

 翌日、従兄弟の住む仙台市若林区を見舞い帰路へ向かいました。
仙台駅から来るまで15分ほどの所ですが海から2キロほどの所なので直ぐそこまで津波の被害が有りました。
田んぼが多いその場所は撤去が進まずそのままの状態が放置されているようでした。

仙台


posted by おやじ at 10:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

おこぼれのジャガイモ

「園児達のジャガイモ掘りは終わったんですか?」と会話の中で問いかけると

「昨日終わりました。また明後日もする予定です。」

 

 以前設計させていただいたガーデンプラザ川和の2階に保育園が入っており、ビルのオーナーが園児達がジャガイモ掘りをしたら喜ぶだろうと言うことで植えたものが収穫時期を迎えているのです。

 

「千葉さんも少し持って行きなよ。」

「いえいえ、いいですよ。子供達に。。。」

そんな問答をしていると、実は子供が小さいので掘り残しが多くたぶんかなりあるからそれをどうぞ。ということ。

 ならばとなぜか持参のビニール袋に頂いたビニール手袋を付けて早速裏の畑へ。

 

 

IMG_0494.JPG
 

 

葉っぱのないところでも土がこんもりしているところを掘り起こすと有るわ有るわ。10分経たずに20個くらい見つけました。

 

 

IMG_0493.JPG
 

 

 夜はビールにジャガバターで採りたてをおいしく頂きました。

 柔らかかった。

 

 

IMG_0495.JPG
 
posted by おやじ at 22:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

今日の富士山

IMG_8138.JPG

家族に今日の富士山不思議だよと言われ見に行くと雲の動きが速すぎて不思議は終わっていたようです。写真は終わった姿ですが。。。
posted by おやじ at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

旭川ラーメン

旭川出張では一泊二日の中でお昼は必ずと言っていいほどラーメンを食べます。

お店もこれでもかと言うほどの密度ですから。

 

2年ほど前、そろそろお昼になろうかという頃、家具職人に好きなラーメンを聞いてみたところTさんから

「最近好きなのは みづの のしょうがラーメンかな」と。

しょうが?! 味噌じゃないの?! だいたいラーメンに生姜なんて聞いたこと無い。

他の方々の意見はまるで聞こえなくなり興味がてら「みづの」へ。

 

想像通りの外観といえば。

 

 

みづの-外観
 

 

中は更に。

 

出てきたラーメンの見かけは普通の醤油。

スープをずずっと。

う〜ん。またずずっと。う〜む。

麺をすすると。う〜む。

だんだん味が効いてくる。 うまい。。。

やや脂のある醤油味。そして後味にははっきり生姜が。気が付くとスープまで飲み干し、もう一杯食べたい気持ちです。スープのそこには生姜の繊維が沈むほど有りますから生姜が支配する領域も想像できると想います。

なのに合うのです。いつものラーメンと決定的に違うのはもう一杯、その場で食べたくなるのです。恐るべし。

 

 

みづの-ラーメン
 

 

 今回は初日のお昼に「みづの」へ。もうこれで目的の半分は達成です。残りの半分の仕事は嫌でもやらないわけにはいかないので。

 

 

 そして 2件目

 

 いつものもう一件は「蝦夷」の蝦夷ラーメンと決まっているのです。濃い味噌味が北海道を感じさせます。並ぶかな〜、などとはやる気持ちを抑え楽しみに行ってみると   休み。。。納まりません。

 外したくないし、どこかと考えたところ、昨晩代行の運転手さんに聞いた「よし乃」をiPhoneで検索。この辺りの地理がよく分からないので近そうな「よし乃学園店」へ。7.8kmも走って。広い北海道です。 また 休み。。。

あらっ、さっきHP見たとき木曜だったはずなのにと確認すると数あるよし乃の中でここだけが水曜定休ではありませんか。

こうなると何が何でも食べたい。4.3km走って、そのまま本店へ。

古くからある名店の誉れ高い「よし乃」。驚きは有りませんが無難に満たしてくれます。おいしいです。

 

 しかし、ラーメン食べるのに往復20km以上も走るなんて。

posted by おやじ at 23:02| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

塗装職人

 仕上げ工事の中でも大変重要なものが塗装ですが、このところびっくりするほど寂しい仕上がりを見ることが多くなりました。
塗装業者を指定しない限りほぼ100%がっかりと言っても良いです。これは他の職種にも言えますが。。。

 色を塗る仕上げ作業よりも、下地処理に大半の時間が掛かるこの仕事は、バブル以降のコスト削減の影響で、下地処理の工程がかなり省かれ、この程度でいいものになってしまったのです。
木の木目を生かした着色塗装では下地処理など要るのかと思われますが、この下地処理の如何によって木が生きても来るし安っぽくもなります。同じ色を頼んでもできがまるっきり違っちゃうんです。

 そのことをお客さんに説明して、多少コストが上がりますが(工務店が連れてくる職人の1.2倍くらい)満足のいく職人にお願いさせて頂けるようにしています。実際、作業工程を見るとその差はそれ以上でしょう。最初の養生から違います。

 このところは世田谷にある日紘建装のNさんにお願いすることがほとんどです。この会社は誰が塗ってもまじめで丁寧なところが気に入っております。しかも彼が塗ると一般材でも高級材に見えます。

中島さん.JPG

   来週はここの後ろに暖簾が掛かります。


posted by おやじ at 08:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

のれん 注文

 

スカイツリー.JPG
 

 

仕事ではJ-WAVEを聞くことが多いのですが

 今日、のれんの注文をしよう

と思っていたら、「私は良く浅草ののれんやさん、べんがら へ行きます」と流れて来るではありませんか。近くにのれん屋さんがあればと思っていたのでネットで検索。

 浅草寺の仲店の一本隣の通りに店を構えた べんがら さんを発見。

早々にメールで見積りを依頼。夕方見積りが来て予算に何とか納まりそうなので打ち合わせのため行って参りました。

 

 既製品、オーダーとも充実しており生地や染め方で値段が変わります。

生地を確認して、色を指示して、オーダーしました。

 5月末頃にはできるでしょうから上がりが楽しみです。

 

 写真は浅草寺の境内から見たスカイツリーです。

 

 

posted by おやじ at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

府中家具

 

ワンマン電車.JPG
 

 

 ちょっと風変わりなこの電車は、JR福塩線のワンマン電車です。部分的にバスのような。

 広島県の府中はその昔、婚礼家具の一大産地。日本一を自負する職人が腕を競い合いました。高級家具ならではの彫り物から吟味された材料まで今でも往時を感じさせます。

特筆すべきは吸い付くような桐の引出し。まさに職人芸です。

今のようにスライドレールを使わないので精度がものを言います。引出しの真ん中を持たず端を引いてもすーっと引き出されしまうときはふわっと違う段の引出しが出て来る。その感覚は何とも楽しくつい引いたり閉めたり。たまらない感覚です。

 長らく問屋に卸すばかりで表が見えなかった為気が付くと、婚礼箪笥不要の時代。スライドレール全盛の今、あの職人芸も廃れる一方。

 建築をやっていると時代の流れに乗れず消えゆく技を目の当たりにしますが今日もそれを感じずには居られません。ちょっと違った切り口で、またきちんとした説明をお客さんにすることで徐々に息を吹き返せばとこれから私も頭をひねりたいと思います。

 

 私の今日感じた府中家具

 ・練付材(天然木を薄くスライスしてベニヤに貼った物、高級品です)の柄が吟味されている。

 ・扉の小口の仕上げがよい。

 ・職人芸の引出しを受け継いでいるところもある(きわめて少ないと想像されますが)。

 ・彫り物や象嵌が出来る。(実はなかなか出来るところがない。それを専門にやる職人がいる。)

  これは、これから是非やってみたいですね。

 

 

彫り物.JPG
 
posted by おやじ at 22:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

暖簾

「そこに暖簾でもやって見られたくないような部分は隠したいんだよね。」

インテリアのレイアウトなどをしていると良く出る話なんです。

たいがいは暖簾より違うことを考えた方がよさそうなのですが、今回は暖簾も有るなと思う珍しいパターン。

 

 そうなるとせっせと暖簾を探し始める。あらかた頭に入ったところで一体何が合うのだろうかと立ち止まり自問自答。

 そもそも暖簾とは、日常の必要に迫られて生まれた必需品で大衆にもまれ洒脱な感覚が盛り込まれたものであると思う。看板に近い存在かな。

 

 では今回。

このところブログに何度か登場する築120年の民家で、玄関ホールの隣の部屋と更に隣のキッチンを仕切る引き戸の前にかける。建具の多い家で壁があまりなく絵を掛けるスペースが無い。紺色の暖簾が合うなと思って話をすると暗くなってしまうので茶系から違和感のない赤い系統で花のデザインが良いなぁと言うのが要望。

 

 現在既製品として売っている者の大半はお店用で柄はなく店名のみ。次はお風呂用。男湯、女湯のあれです。個人宅用で気の利いた柄はほとんど無くたまに作家物の素晴らしいのもありますが遠くから見るには柄が細か過ぎる。今回は玄関ホールからも見える可能性が高くその距離6m。

 

 以上より私の稚拙な頭をひねって出した回答がこれです。

日本古来の花ではなく、誰でも知っている花であり、模様にまで抽象化しないが有る程度記号化する。単色で軽快でありながら、エネルギーを感じるポップアートのようなもの。玄関ホールに立つお客さんから見ても楽しい物となる。そうありたいと思いデザインしました。

 所詮は畑違いなので上手には行きませんが珍しい仕事なので書き留めました。

 

 写真は原案とそれを原寸に打ち出した物でうちの扉の前に貼ってみたところです。現場とは違います。

 

 

暖簾.JPG

暖簾原画.JPG
 
ラベル:暖簾
posted by おやじ at 16:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

そろそろ完成?

 この前のオオカミのような折りたたみ椅子(http://blog.s-chiba.com/article/193369169.html)から早2週間。そろそろと思い次の打ち合わせ候補日をメールで打診。
すると 「候補日がTV取材で当たっているので」「取材に模型が必要なのでオオカミの前に出した模型を送ってください」 と。
  気になる。。。模型TV出演?
忙しいお店の主なのでいろいろ聞くのもなんですから、まぁそれはそうと、しかし、どうせなら次の打ち合わせに予定している最新模型を持って行きたい!! と思うのが当たり前で3日間せっせと作りました。
 前回のオオカミとその前の折衷案。お互いひとつひとつ曖昧な所を消して行きゆっくりと進めてきましたのでかなり煮詰まりました。気が付けばもう半年です。あと少し直して完成は6月末かな。


これが

引き出され

こうなる


posted by おやじ at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。